吠えたいこと

HOME
選挙に行かない理由
iPhoneが人気の理由
好きなコンビニ
最近読んだ本に書いてあったこと
会社のお局様
今日も残業
メタボの解消法
日本の教育制度を考える
ホットジンジャーエール

最近読んだ本に書いてあったこと

「倍返し」ですっかり有名になった「半沢直樹」の影響もあってか、原作者、池井戸潤の作品を読んでみたくなり、「かばん屋の相続」という本を読んだ。

いくつかの短編が載っていていずれも銀行員が主人公で、銀行員としての業務の中で味わうサラリーマンの哀しさや、小さな町の中で必死に生きている中小企業や町工場の経営者とのやりとりから生まれる人情とか、を書いたものだ。

「半沢直樹」もかなり泥臭いドラマだったが「かばん屋の相続」に出てくる話も似たようなもので、偉そうにしていた人が一転して落ちて行ったり、銀行に見捨てられた人が逆転したり、というまあ日本人が好むリベンジもの。

だいたいは先が予測できるようではあるが、ついつい夢中になって読んでしまう。

世間的に見て銀行員というのはやはり普通のサラリーマンからすれば高いポジションにあるが、銀行員だってやってることはたいしたことないんだ、同じようなもんなんだ、とも思えて、おもしろかった。

そしてサラリーマンをしていると、その組織の中で不本意な思いをしたり、自分の気持ちを抑えなけらばいけないジレンマというのを感じる場面というのがいくつもあるが、それがうまく書かれているので共感が持てた。

その中でタイトルにもなっている「かばん屋の相続」というのは、経営者の父が亡くなり、その相続をめぐる兄弟とのトラブル。

お店を相続することになったのは、かばん屋をバカにしていた銀行員の兄で仕事を手伝っていた弟は相続放棄させられる。

でも最後はどんでん返しが・・・というストーリーだ。その地道にかばん屋を経営してきた親父さんが、担当の銀行員が仕事で落ち込んでいた時こんなことを言っていた。

「仕事はゲーム。いつもうまくいくゲームなんかつまらない。
成功7割。失敗3割。そんくらいの人生のほうが絶対に楽しいぞ」と。

人生の中で仕事というのはどのくらいのウェイトを占めているのだろうか。

仕事第一の人、仕事は仕事と割り切る人・・・色々いるけどゲームと思って楽しんだ方が気持ちが楽になる。勝率7割と言うのはかなり高いような気もするが。